カニ

若松葉ガニ、大好評

昨日から、当海の駅で販売している
「若松葉ガニ」。
おかげさまで大好評です。

14.02.16_01.jpg

そこそこの大きさもあり、お手頃な価格とあって、
売れ行きも好調でした。

14.02.16_02.jpg

脱皮したてのかにですので、殻が柔らかく、
「焼きガニ」や「カニすき」等には不向きです。

味は申し分ないので、食べ方に気をつけてご賞味ください。

多くのご来店、ありがとうございました。

松葉ガニ大丈夫かなぁ

今年は、セコガニ(松葉ガニのメス)の収穫量が激減しているようです。

柴山港のセリ前の仕分けの様子です。
13.12.16_02.jpg
例年だと収穫したセコガニの箱がいっぱい並んでいますが、

(昨年の様子)こんなにたくさん水揚げされていました。
13.12.16_03.jpg

今年は箱の数も、箱に入っているカニの数も少ないのがよくわかります。

そんな数少ないセコガニでも20段階くらいにより分けていかなくてはなりません。
13.12.16_01.jpg
めんどうな作業の手もどこかさびしげです。

1週間かけても2000匹くらい。
この量は、これまでは1日で獲れていた分量です。

カニのお母さんがいなくなると、子供も産まれなくなります。
松葉ガニもあと何年もつのか、少し不安がよぎります。

12月に入りました

年も暮れ、もう12月に入りました。
1日は、久しぶりによく晴れ、行楽日和となりました。
13.12.01_01.jpg

お昼過ぎからは、日差しもあり少し温かく感じられました。
13.12.01_02.jpg
駐車場わきのコウノトリの看板でも家族で記念撮影。

店内も大変賑わっていました。
13.12.01_03.jpg
相変わらず「玄さん」「かに」「オンセンジャー」のポテトチップスは人気です。

また、冬はやはり「カニ」です。
13.12.01_04.jpg
「カニすきセット」や「ゆでガニ」「活ガニ」などカニを求める方も大勢いらっしゃいました。

多くのご来店、ありがとうございました。

カニの獲得を目指し、大絶叫

11月23日は、「城崎かに王国」の開国日。
恒例となった絶叫大会が今年も開催されました。

賞品のカニを獲得しようと、多くの参加者が集まっていました。

入賞賞品の地元産の松葉ガニです。
13.11.23_k_01.jpg
皆さん頑張って大声を出して下さい。

参加エントリーの行列が出来ていました。
13.11.23_k_02.jpg

オンセンジャーも応援に駆け付け、前座のショーで大会を盛り上げていました。
13.11.23_k_03.jpg

いよいよ大会開始。
13.11.23_k_07.jpg

この多くの観衆の前で大絶叫。
13.11.23_k_04.jpg
今年話題となった流行語などを叫ぶ方も多くありました。

身振り手振りを加え、体全体で声を出す方も…。
13.11.23_k_06.jpg

この方は、先日歯を抜いたばかりとか。
13.11.23_k_05.jpg
苦痛に顔をゆがめながら
「来年の今頃には、結婚できていますように」と。
頑張ってください。

50人が参加し、大会は盛り上がっていました。

カニシーズン、出だしは好調です

やはり、この季節は何と言っても「カニ」のようです。

カニを求めて多くのお客様にご来店いただきました。

カニの詰まった箱を両脇に抱え車へ。
13.11.10_02.jpg


しかし、グループでいらしていたらしく、鍵を持つ運転手さんをみなさんで待っておられました。
13.11.10_03.jpg


ようやく、運転手さんが到着。荷物の積み込みが始まりました。
13.11.10_04.jpg


次々と荷物を持ってやってきます。思いのほか多そう。
13.11.10_05.jpg
上手く全部積みこめたのでしょうか。

多くのお買い物をしていただき、ありがとうございました。
お気をつけてお帰り下さい。

また、カニのほかにも、一夜干しのカレイも大人気でした。
カレイをくし刺しにし、干す準備も忙しいです。
13.11.10_01.jpg

#pagetop