カニ

カニシーズンが始まります

11月6日は、松葉ガニ漁の解禁日です。

但馬地域の漁港では松葉ガニの初セリが行われました。

香美町の柴山港でも、

恒例の「祝!かすみ松葉ガニ初セリまつり」と同時に

セリが行われました。

171106_01.jpg
会場は大勢の人だかりができていました。


171106_02.jpg
水揚げされ、仕分けの終わったカニが次々とランク別に並べられていきます。


171106_03.jpg
中にはこんな大物もいました。いくらで競り落とされるのでしょうか。


171106_04.jpg
水揚げ量が今回は少なかったようで少し寂しい感じとなっています。

年々水揚げ量も減ってきているようで、資源の確保が課題となっています。

171106_05.jpg
いよいよセリが始まりました。

この日は、最高級のカニを示す「柴山ゴールド」のタグが付いた
重さ1.35キロのカニが、108万8880円と、柴山港過去最高値を記録していました。

当店では、ここ、柴山港から仕入れたかにを販売致しております。

城崎を訪れた際には、ぜひ、お立ち寄りください。

ご来店、お待ちいたしております。

若松葉ガニを加工しています

当店グループのはまな水産では、若松葉ガニを大量に仕入れました。

港から運び込み、4tの水槽に約600匹。
170204_01.jpg
ぎっしり詰まってしまいました。

170204_02.jpg
加工用などで使用するため、新鮮なうちに裁いてしまいます。

170204_03.jpg
活きがよく、加工台から逃げ出そうとするカニも…。

170204_04.jpg
胴体を割り、足と甲羅部分に分けていきます。

170204_04.jpg
甲羅部分にはカニ味噌が…。

170204_06.jpg
加工用に味噌だけを集めます。

170204_07.jpg
足は、足でまとめます。

170204_08.jpg
水にさらし、きれいにします。

170204_09.jpg
そのあと、ざるに移し、

170204_10.jpg
大釜で茹で上げます。

170204_11.jpg
茹で上がったら、氷水で一気に冷やします。

十分に冷めたら、箱詰めし、冷凍保存。

カニは漁の時期が限られているので、この時期に1年分を仕入れ、加工しています。

加工したカニは、料理やコロッケの原料などに使用します。

良く晴れる日には

当、海の駅のある城崎は、盆地から続いているので、
昼夜の寒暖差が激しいと朝方、霧が深くなります。

近くだと竹田城跡の雲海が有名となっていますが、
このあたりでも、城崎町にある山「来日山」からも美しい雲海を望むことができます。

午前7時くらいでは50m先の看板も見えないくらいに霧がかかっています。
161218_01.jpg

8時くらいになると霧も薄くなり、少し明るくなってきました。
161218_02.jpg

9時になり、ようやく霧も晴れはじめ、日が差してきました。
161218_03.jpg

建物側(南側)もすっかり晴れています。
161218_04.jpg

10時には雲一つない青空が広がってきました。
161218_05.jpg

11月から12月にかけて、このような光景がよく見かけられます。

冬はやっぱりカニ!

当海の駅には、バスの団体様も訪れていただいています。

この時期はやはり、カニを求めてのご来店が多くあります。

161218_06.jpg
カニのコーナーには大勢の人だかりができます。

カニの箱が次々とバスの荷台に…。
161218_07.jpg
ついに一杯になってしまいました。

ご来店、ありがとうございました。

カニ、好評です

12月も半ばに差し掛かり、幾分か冷え込んできました。

こうなると、おいしいカニの鍋などが恋しくなります。

当、海の駅のカニも大変好評で、多くのお客様にお買い求めいただきました。

店頭のカニコーナーは黒山の人だかりです。
161211_01.jpg

手軽に食べられるカニスキセットなどが人気です。
161211_02.jpg

やはり、年末が近いためか、お歳暮に贈られる方も多くいらっしゃいました。
161211_03.jpg

多くのご来店、ありがとうございます。

#pagetop