カニ

若松葉ガニを加工しています

当店グループのはまな水産では、若松葉ガニを大量に仕入れました。

港から運び込み、4tの水槽に約600匹。
170204_01.jpg
ぎっしり詰まってしまいました。

170204_02.jpg
加工用などで使用するため、新鮮なうちに裁いてしまいます。

170204_03.jpg
活きがよく、加工台から逃げ出そうとするカニも…。

170204_04.jpg
胴体を割り、足と甲羅部分に分けていきます。

170204_04.jpg
甲羅部分にはカニ味噌が…。

170204_06.jpg
加工用に味噌だけを集めます。

170204_07.jpg
足は、足でまとめます。

170204_08.jpg
水にさらし、きれいにします。

170204_09.jpg
そのあと、ざるに移し、

170204_10.jpg
大釜で茹で上げます。

170204_11.jpg
茹で上がったら、氷水で一気に冷やします。

十分に冷めたら、箱詰めし、冷凍保存。

カニは漁の時期が限られているので、この時期に1年分を仕入れ、加工しています。

加工したカニは、料理やコロッケの原料などに使用します。

良く晴れる日には

当、海の駅のある城崎は、盆地から続いているので、
昼夜の寒暖差が激しいと朝方、霧が深くなります。

近くだと竹田城跡の雲海が有名となっていますが、
このあたりでも、城崎町にある山「来日山」からも美しい雲海を望むことができます。

午前7時くらいでは50m先の看板も見えないくらいに霧がかかっています。
161218_01.jpg

8時くらいになると霧も薄くなり、少し明るくなってきました。
161218_02.jpg

9時になり、ようやく霧も晴れはじめ、日が差してきました。
161218_03.jpg

建物側(南側)もすっかり晴れています。
161218_04.jpg

10時には雲一つない青空が広がってきました。
161218_05.jpg

11月から12月にかけて、このような光景がよく見かけられます。

冬はやっぱりカニ!

当海の駅には、バスの団体様も訪れていただいています。

この時期はやはり、カニを求めてのご来店が多くあります。

161218_06.jpg
カニのコーナーには大勢の人だかりができます。

カニの箱が次々とバスの荷台に…。
161218_07.jpg
ついに一杯になってしまいました。

ご来店、ありがとうございました。

カニ、好評です

12月も半ばに差し掛かり、幾分か冷え込んできました。

こうなると、おいしいカニの鍋などが恋しくなります。

当、海の駅のカニも大変好評で、多くのお客様にお買い求めいただきました。

店頭のカニコーナーは黒山の人だかりです。
161211_01.jpg

手軽に食べられるカニスキセットなどが人気です。
161211_02.jpg

やはり、年末が近いためか、お歳暮に贈られる方も多くいらっしゃいました。
161211_03.jpg

多くのご来店、ありがとうございます。

かに王国、開国です

「城崎かに王国」の開国日となっている11月23日、

カニに感謝をこめて叫ぶ恒例の行事、

絶叫大会が今年も開催されました。

今年は、あいにくの天気となり、新しくなった城崎温泉駅の構内で開催。

161123_02.jpg

少しギャラリーがさみしい感じでしたが、参加者は元気いっぱいに
「かにさん、ありがとう!」と叫んでいました。

161123_01.jpg
まずは、かに王国、国王による開国宣言。

161123_03.jpg
その後、絶叫大会一番手として、みずから叫びます。

161123_04.jpg
続いて城崎観光大使もそれぞれに思いを込めます。

そして一般の参加者へ。
161123_05.jpg
賞品のカニをめざし、大声を張り上げます。
日ごろのストレスの発散にもなりました。

本格的なカニシーズンが到来した城崎。
温泉でほっこりとして、おいしいカニを堪能。
ちょっとしたぜいたくを楽しんでみませんか。

皆様のお越しをお待ち致しております。

#pagetop